家賃の支払い遅れは2ヶ月が限界

家賃の支払いは比較的滞納がしにくいものです。基本的には前家賃で次の月の家賃は前月の末や定められた日までに支払うこととなっています。決められた日までに支払いが終わっていないと、それが分かった時点ですぐに連絡が入ることが多いようです。

その時点で連絡がつけば、支払い日を決めて支払いを済ませることになりますが、中にはすぐに連絡がつかないこともあります。連絡出来ない状態の場合には、それが2ヶ月続くと部屋の明け渡し訴訟を起こされるリスクが出てきます。そうなれば当然、最終的には退去せざる得ないことになり、社会的信用にも傷がつくでしょう。一度そういったトラブルを起こした場合には、次に賃貸物件を借りようとした時に保証会社の審査が通らなくなることもあります。また、退去となれば家を失い、住所をなくします。日本の社会で住所のない人は仕事にもつけなくなりますので、収入も信用も失います。そうなる前になんとか対応しなければ、ダメージは多大なものとなるでしょう。

家賃の支払いは滞納すると大きなリスクにつながる恐れがあるため、基本的には絶対に遅れないことが条件となります。もしも遅れた場合には速やかに不動産会社や大家と連絡を取って、誠意ある行動を取ることが必要です。

Comments have been closed/disabled for this content.