家賃の支払いが遅れるリスクと対処法

家賃の支払いは賃貸物件を借りている人の絶対的な義務です。家賃は前払いとなりますが、少しでも遅れると不動産会社や大家さんからの支払いの催促が来ることになります。賃貸物件では家賃の滞納リスクは空室リスクについで重大な問題となっています。家賃の支払いに関するトラブルは多く、大きな懸念材料となっているのです。

そのため、多くの賃貸物件契約では家賃の支払いが出来なかった時のために保証人や保証会社を立てることにしています。家賃の支払いが停滞してしまった場合には、保証人に連絡が行きます。保証会社を利用している場合には、保証会社が立て替えて督促を行うこともあります。遅れることで大家や不動産会社、保証人や保証会社の信用が失われて、下手をすれば退去させられることになります。

うっかりミスで振込みを忘れた、引き落としなどの場合には口座残高の確認を忘れたなどのケースであれば、連絡がつき次第支払日を伝えて、その日に支払えば済みます。しかし万が一、お金が足りなくて支払えない場合には大変です。

一時的な金欠で家賃が支払えないのであれば、キャッシングを利用して支払うことも考えてみましょう。家賃は数万円~10万円以上の場合もありますが、キャッシングであればそれを一時的に補填して、後から少額ずつ返済することができます。収入が減るなどでお金が用意できない場合でもキャッシングを利用することで収入が回復するまで毎月の支払いを抑えられるのです。

◆参照◆家賃などの一時支払いに助かる一週間無利息キャッシング『ノーローン』です。

Comments have been closed/disabled for this content.