キャッシングは返済できる範囲で

キャッシングローンは一時的に家賃の支払いが難しくなった場合などに便利です。例えばお給料の支払日が変わったために現金の準備が間に合わなくなった場合や、転職のタイミングで一時的に収入が減った場合などに生かせます。間に合わせとしてキャッシングでお金を借りて家賃に充てておけば、住む場所も信用も失わずに暮らすことができるでしょう。収入が安定するまで少額ずつ返済を続けることや、次のお給料日に一度に返済してしまえば、生活にも支障が出にくくなります。

ただし、これは収入のめどが立っている場合にのみ安心して使える方法です。仕事を失って、次の収入のあてが全くない場合や、この先何回も家賃が支払えない可能性がある場合には、滞納する前に安い家賃の家に引越しをしたり、実家などに身を寄せたりすることも必要となります。キャッシングでは返済が必要となるため、その支払いのあてがない場合にも注意が必要です。

家賃の支払いのためにキャッシングを利用する時には、返済できる見込みがあるかについて十分に検討をしましょう。今後の収入の見込みや返済のあてを考えて、家賃の滞納で家を失ったり、さらに借り入れの返済が重なってしまったりすることだけは避けたいものです。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Comments have been closed/disabled for this content.